第33回東京国際映画祭
トップ > コンペティション2020 規約
よくある質問はこちら
第33回東京国際映画祭コンペティション部門 作品エントリー
今年第33回目の開催を迎える東京国際映画祭(TIFF)は、FIAPF(国際映画製作者連盟)公認の世界を代表する映画祭のひとつです。
東京国際映画祭ではこれまで多くの実績のある実力派監督が栄誉を競う一方で、沢山の新しい才能を見出し、顕彰し、世界へ羽ばたく応援をしてきました。
今年も世界中から多様で多彩で豊かな映画の魅力を集め、映画人同士で、そして映画ファンと共に、映画を観る喜びを共有していきたいと思います。

皆様からのご応募を心よりお待ちしております。

東京国際映画祭東京国際映画祭
チェアマン  フェスティバル・ディレクター
安藤裕康   久松猛朗



●日本映画をエントリーの方(コンペティション、アジアの未来、日本映画スプラッシュ):
  日本映画のご応募について

コンペティション2020規約

序文
本規約は、国際映画製作者連盟(FIAPF)が定める国際映画祭規約に準ずるものとする。
第1条<出品資格>
「コンペティション」部門への出品作品は、以下の条件を満たすこと。
(1)2020年1月1日以降に完成した作品であること。
(2)FIAPFの認可を受けた「長編コンペティション映画祭(*1)」における、メイン・コンペティション部門に
出品されていないことを原則とする。
(3)アジア・プレミアであること。尚、ワールド・プレミア、インターナショナル・プレミア作品は優先される。
日本映画はワールド・プレミアであること。
* インターネット(IPTV含む)、機内、DVD、VOD等、既に商業的にリリースされているものも対象外とする。
(4)上映時間が、60分以上の長編(アニメーション含む)であること。
(5)原則としてドキュメンタリーを対象外とする。
(6)原則として、公式上映時にデジタル上映素材(英語字幕入り)を提供可能な作品であること。
条件の適用については、東京国際映画祭(TIFF)が最終的に決定を行なう。

(*1) 該当する映画祭名は、FIAPFの公式ウェブサイトを参照のこと:
   http://www.fiapf.org/intfilmfestivals_sites.asp
第2条<賞>
TIFFはコンペティション国際審査委員の決定に基づき、以下の賞を授与する。国際審査委員は各賞を必ず決定しなければいけない。
−東京グランプリ  
−審査員特別賞  
−最優秀監督賞  
−最優秀女優賞  
−最優秀男優賞  
−最優秀芸術貢献賞  
第3条<応募方法>
(1)エントリー
東京国際映画祭公式サイトより申し込みのこと(http://www.tiff-jp.net)。
第1条の出品資格を満たす者は、WEB上のエントリーフォームを記入の上、DVD及びオンラインスクリーナーを提出すること。
* DVDとオンラインスクリーナー、いずれか一方の提出でも審査に影響はありません。

(2)エントリー期限、エントリー料
エントリー期限: 4月28日(火) から  7月17日(金) まで 
エントリー料:  無料

(3)提出方法
・オンラインスクリーナーはエントリーフォームの該当箇所にリンクを記載すること。
・DVDは、下記宛に送付すること。
〒104-0045
東京都中央区築地4-1-1東劇ビル15F
東京国際映画祭事務局
コンペティション部門

応募素材は全て、運搬料、保険料を出品者負担で、2020年7月17日(金)までに上記宛に必着のこと。
なお、応募素材の返却は行わない。

(4)結果通知
応募の結果は、2020年9月中旬までに応募者全員にEmailにて通知する。

(5)了解事項
出品者は、全ての規約およびエントリーフォームを完全に理解し了承したとみなされる。当規約およびエントリーフォームに規定されていない事項および疑問については、国際映画製作者連盟の規約に基づいてTIFF組織委員会が裁定する。

第4条<公式出品作品>
(1)素材
選出された場合、以下の素材を提出すること。
(a)エントリーシート
(b)原語台本、英語字幕台本  *日本語のみの作品の場合は不要
(c)作品のメインカット他、スチール数点、監督写真
(d)英語字幕入り本編DVD 2枚、または動画データ
(e)予告編・抜きのDVD、または動画データ
(f)日本語及び英語による作品資料
(g)ポスター5枚(B1)、及びポスターデータ(高解像度)

(2)上映用素材、及び字幕
選出された出品者は、英語字幕付原語版のDCP(KDMフリー)を『東京国際映画祭上映用素材』と明記の上、事務局指定の住所に、10月初旬までに送付すること。
全てのコンペティション参加作品は、オリジナル原語版で且つ英語字幕および日本語字幕付の素材で公式上映される。但し、原語が英語の場合は日本語字幕のみ、日本語の場合は英語字幕のみの字幕上映となる。

第5条<上映決定時合意事項>
出品者は、以下を了承したとみなされる。
(1)上映通知の発行後、上映の取り消しは認められない。
(2)出品合意後に新たに登場した第三者(例:日本の配給会社)が、映画祭への出品の合意を
覆すことのないように配慮する。
問い合わせ先: 東京国際映画祭事務局 コンペティション部門
E-mail: competition2020@tiff-jp.net
URL:http://www.tiff-jp.net
よくある質問はこちら
エントリー
このページのトップへ
2020 Tokyo International Film Festival . All Rights Reserved.